万華鏡



友人にお手製の万華鏡をのぞかせてもらったことがあります。

きらきらと次々に開いていく華がとても美しかった。

次から次へと展開していく華。開いたら閉じて循環していくものかと思っていたけれど、開き続けるもの、展開し続けるものもあるのだなあ。

それぞれの瞬間の美しさに、鮮烈さというのは変化の中にこそあるものなのだと思いました。

コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす