投稿

セッションについて

イメージ
  セッションについて 外から決められた「正しい形」にあてはめなくても、身体には自らバランスを探して適応していく力があります。 セッションでは間合いと軽いタッチにより心身を深いリラックスに導き、身体の内側からの変化を促します。 ☆場所:神奈川県川崎市 溝の口、登戸、向ヶ丘遊園よりバス(ご予約時にお知らせ致します)。駐車場はありません。近隣の駐車場をご利用ください。 ☆営業日:対面セッション 火曜日〜土曜日(祝日除く)10時~17時 ※オンライン・遠隔セッションについては21時頃まで可能です。 ※対面・オンライン・遠隔ともに上記以外の曜日についても調整可能な場合がございます。ご相談ください。 ☆料金(2021.9.16より) ・対面セッション 10000円/1回(60分程度)  ・遠隔セッション 5000円/1回(20分~30分程度。お身体の反応に応じて前後します) ・Yielding embodiment3シリーズ/3回(60分程度/1回) 29000円 ※Yielding embodimentは3回で全体(背面、側面、腹面)にyieldの動きを引き出しますが、1回でお受けいただいても効果は出ます。また逆に3回以上お受けいただいてyieldを深めていただくこともできます。 ※価格については随時見直しをさせていただきます。 ※お時間はあくまで目安です。 お問い合わせ・ご予約はこちらまで kai.mabuchi@yielding-embodiment.com

自分との関係性

イメージ
身体感覚を言葉にしてみることの面白さのひとつは自分との対話性だと思います。 同じような感覚でも、それがどんな言葉になったかによって自分がそれをどんな風に捉えたのかということが見えてきたりする。 そしてそれはあくまで「自分との」なのだと思います。 セッションの中で得られる感覚も、細やかに感じられたからすごいとか何か特別な感覚を得られたので優れているとかそういうことではありません。セッションの中ではご自身の身体感覚を通じて自分の身体と正直に対話する練習をして頂きたい。そして身体とより良い関係性を結び直してくださるといいなあと思っています。 身体は生きている間中ずっと、私たちの生を支えてくれるもの。どんな風に生きていきたいのかを教えてくれるもの。 yieldは身体と繋がり直すためのセッションです。 安全・安心な感覚の中で自分とつながりなおす Yielding Embodiment Orchestration Resonance Blue

場を開く

イメージ
yieldのセッションの中では、場をコンディショニングすることで身体にスペースを引き出していきます。 スペースがあるということは、動くことができるということです。 動きが出てきたら自己調整に向かう身体のシステムを信頼して待つ。 できるだけ補助は少なくセッションを進めます。 場を使うことによって、部分ではなく全体を扱うことができるのがyieldの特徴です。 「場」というのは面白いもので、文脈を持っています。 何が現れてくるのかが、その文脈で方向づけられるところがあります。 人は集団的な暴力性に巻き込まれて酷いことをしてしまうことがあるけれども、その逆の明るいものが立ち上がってくるような場というものもあるでしょう。 私は明るい場をどうやって開いていくのかに興味があります。 安全・安心な感覚の中で自分とつながりなおす Yielding Embodiment Orchestration Resonance Blue

縁側

イメージ
古武術の 山口潤先生 の講座に通い始めて10年になります。 関東に越してきてからは稽古会の世話人もさせていただいて、稽古が続けられています。 先日稽古会で「縁側」ということを山口先生が説明してくださって、その感覚を使って崩されにくくするというのを試しました。 対立関係・緊張関係が前提な武術の目線で考えた時『 境界を「線」にせずに、内でもあり外でもありうる空間的なものにしておくのが縁側』だそうです。 心理学で自分と他者の境界線を「バウンダリー」といいますが、バ ウンダリーというのは私には境界線というよりは「持ち場」のように感じられます。そして この「縁側」のような緩衝域、どちらの持ち場にもなりうるようなスペースが自分の感覚の中に持てると、他者とやっていくことが随分楽になるように感じられました。 隣の人の家の晩御飯のメニューにはあれこれ口出しせずに自分の家の晩御飯を美味しく作ることに専念すればいいし、縁側でレシピのやり取りをしてもいい。縁側でコミュニケートするけれど、自分の家の中は自分が采配して決める。親しくない人を上げるのは縁側まで。 武術もまた人と人との関係性で、学ぶことが多いです。 安全・安心な感覚の中で自分とつながりなおす Yielding Embodiment Orchestration Resonance Blue

運動と空間知覚

イメージ
久しぶりにパントマイムのレッスンで身体を隅々まで丁寧に動かしたら、帰り道夜空がダイナミックでした。 空間知覚の力と身体の状態はリンクしていて、運動が空間知覚の力を育てるし、空間知覚が開いてくると身体を動かすこともうまくいきやすいところがあるように感じます。 空間の感覚は、身体が感じている移動可能性なのかもしれないなあと思います。 安全・安心な感覚の中で自分とつながりなおす Yielding Embodiment Orchestration Resonance Blue

皮膚感覚の不思議

イメージ
yieldのセッションの中で起こることとして「触れられた手の感覚がしばらく残る」というのがあって、これは何なんだろうとずっと思っていました。 先日稽古会でセッションして頂いたときにフッと思いついて「ゆっくり触れて、ゆっくり離してみてください」とお願いしてやって頂いたら触れられた感覚が残りました。 この余韻の感覚が触れるスピードで起こるのだとしたら、ゆっくりな速度だけに反応する皮膚の受容器があるのかな?と思って調べていたのだけれどうまく見つけられず、では何なんだろうかと皮膚の本を読み始めたら神経繊維が関わっているようでした。 「皮膚の有毛部のみに存在する遅速C繊維は、ゆっくり動く刺激のみに反応する。これは原始感覚系の刺激であり、島が反応する。島は脳の中でも高次な知的機能を司る前頭葉や、感情や情動を起こす辺縁系と神経繊維の連絡が行われている。」 yieldの知覚が開いた場の中だから起こりやすいというのと、安全・安心という文脈の中で感じる事で良質なスキンシップと同様に愛情の方の(嫌悪の方に触れることもあるそう)感情を感じやすくなるのかな? …という仮説。 安全・安心な感覚の中で自分とつながりなおす Yielding Embodiment Orchestration Resonance Blue

経験

イメージ
  自我というのは経験に対する解釈の記憶の集合体なのかもしれないな、と思ったりします。 だから自分を成長させるためには 良い経験ができそうな場に連れて行き、出会う事が良い経験となるような人に会わせてやる事だと思う。 経験から自分の中に動きが生まれてきたら、それに応じてみること。 失敗したり、探ったりしながら。 安全・安心な感覚の中で自分とつながりなおす Yielding Embodiment Orchestration Resonance Blue

想いと身体

イメージ
身体って想いみたいなものによく反応するんだなあと思うことがあります。 今日は猫と遊んでいるところを想像したら身体がぽかぽかしてきました。 そういえば、ヴィクトール・フランクルの「夜と霧」という本に 『勇気と希望、あるいはその喪失といった情調と、肉体の免疫性の状態のあいだに、どのような関係がひそんでいるのかを知る者は、希望と勇気を一瞬にして失うことがどれほど致命的ということも熟知している』 という言葉が出てきます。ナチス時代の強制収容所に収容されてしまった人達の中で、「クリスマスには家に帰れる だろう」と希望を繋いでいた人はクリスマスを 過ぎると希望を失って死んでいった。それくらい想いは生命力に影響するのだというフランクルの体験からの言葉です。 何を想うと身体が暖かく明るいトーンになるか、色々試してお守りがわりに持っているといいのかもしれません。 安全・安心な感覚の中で自分とつながりなおす Yielding Embodiment Orchestration Resonance Blue