投稿

セッションについて

イメージ
  セッションについて 外から決められた「正しい形」にあてはめなくても、身体には自らバランスを探して適応していく力があります。 セッションでは間合いと軽いタッチにより心身を深いリラックスに導き、身体の内側からの変化を促します。 ☆場所:神奈川県川崎市 溝の口、登戸、向ヶ丘遊園よりバス(ご予約時にお知らせ致します)。駐車場はありません。近隣の駐車場をご利用ください。 ☆営業日:対面セッション 火曜日〜土曜日(祝日除く)10時~17時 ※オンライン・遠隔セッションについては21時頃まで可能です。 ※対面・オンライン・遠隔ともに上記以外の曜日についても調整可能な場合がございます。ご相談ください。 ☆料金(2021.9.16より) ・対面セッション 10000円/1回(60分程度)  ・遠隔セッション 5000円/1回(20分~30分程度。お身体の反応に応じて前後します) ・Yielding embodiment3シリーズ/3回(60分程度/1回) 29000円 ※Yielding embodimentは3回で全体(背面、側面、腹面)にyieldの動きを引き出しますが、1回でお受けいただいても効果は出ます。また逆に3回以上お受けいただいてyieldを深めていただくこともできます。 ※価格については随時見直しをさせていただきます。 ※お時間はあくまで目安です。 お問い合わせ・ご予約はこちらまで kai.mabuchi@yielding-embodiment.com

yieldの特徴

イメージ
  割と広く受け入れられている考えとして「身体は何か介入・操作をしてやることで変化する」というような事があるように思います。 でもyieldセッションをしていると、「安全・安心を感じられる場、身を固めなくても良い場を提供してやれば身体は勝手にその時持っているポテンシャルの中で最良のバランスを探し始める」という事が観察されます。 yieldはゆだねる動き。安全の認識や安心という感覚とリンクしています。安全・安心を感じることでゆだねる動きが出てきて、ゆだねる動きが出てくることで安全・安心な感覚が高まっていきます。 そうやってゆっくりと深まった安全・安心な場の中で、受け手の方の身体が自ら整ってゆく姿はとても美しいものです。 私自身がそうなのですが、他者の意志に敏感なタイプの人は「良くしよう」という術者の意志自体がストレスになることもあり、そのような方にはyieldはよく合うのではないかと思っています。 また、今の日本のような社会的ストレスや不安が高まった状況で、知らず知らずに高まっている緊張を解くことにも適していると思います。 「介入を最小限にする」ことで、受け手の方がご自身の身体に対して信頼を持っていただきやすいのもyieldの良いところです。 対面、オンライン、どちらも可能です。 どうぞお試しください。

方向付け

イメージ
セッションを受けて身体が緩むと、しばらく眠たい日が続く、というようなことがあります。 色々と都合があって眠たい身体に従うのが難しいこともありますが、できるだけその身体の欲求に従ってやったほうが流れができやすいのではないかと思います。 スイッチをオンオフするような感覚で休息と覚醒を考えるのではなく、自分の身体が今どんな流れの中にいるのかを感じてみると整いやすいのではないでしょうか。身体は生き物です。 休息と覚醒のことに限らず、身体の「方向付け」ということも考えてみるといいように思います。

つながり

イメージ
水が美味しいなあとか、犬が可愛いなあとか、お天気が良くて気持ちがいいなあとか、そういうことって何でもないようなことだけれど、でもそれを感じられなくなってしまう時もあります。 世界との間に膜が張っているようで、新鮮さ、リアリティのようなものにうまく触れられない。なんとなく視野が色彩を欠いて、立体感が感じられない。言葉が空回りしているような感じがしたり。 自分の周りの環境を整えていくことももちろん大切だけれど、それと同時に環境の中にある自分に力を与えてくれるようなものたちを感じられること、それとつながりを持てるということもとても大切なことかもしれません。 生きてゆくためのエネルギーって案外そういうところからくるのかもしれず、そことつながれる力は「健全さ」の根っこにあるものなのかもしれないなと思いました。

飽きるという力

イメージ
古武術でもyieldでも、先生方が「飽きる」という感覚を大事にされているのをとても興味深く感じてきました。 飽き性とか飽きっぽいとかいう言葉はあまりいいニュアンスでは使われないし、「飽きる」ということ自体もあまり良いイメージがないように思います。 でも、「飽きる」=「興味を失う」という感覚に従えるという事は「次の興味に移ってゆける力」「流れに乗っていける力」でもあるのかもしれません。 「いつも同じパフォーマンスを出さなければならない」という思いこみを手放して、季節の変化やお天気を楽しむように自分の変化を楽しんでみるのもまた良いものです。

地続き

イメージ
  寒暖の差の激しさからか、世情の不安定さからか、少し気分が冴えないなあという感じがしています。 元々周囲の環境に波長が合いやすい性質、というのもあるのかもしれません。 でもそれは悪いことばかりでもなくて、だからこそ自分も周囲も両方心地よい環境にしていきたいなと思う事ができる。 怒りや悲しみを抱えた人に囲まれれば自分もそっちに引っ張られて快適ではなくなるので、焼き畑農業的に利益を上げたいとは思わない。 最近、地球環境であれ、社会環境であれ、「私の心身」という環境と地続きに存在しているという感覚は今の時代に必要とされるものではないのだろうか、という事を思ったりします。 それと同時に、明るく穏やかな方へ周りを引っ張ってゆけるような自分の軸を育てることも大切だなあと感じます。 今はどんなことが心に入ってきやすいのか。 どんな人からだと学びやすいのか。 冴えない時間も自己調整を試みて良い時間にしたいものです。

自信の根っこ

イメージ
「正しい動き」「正しい姿勢」ということについて時々考えます。 姿勢というのは痛みや制限の原因になることもあるし、意識の状態と結びついていたりもします。だから、状況への適応を考えたときには「こういう姿勢の方が望ましい」という方向性はあると思います。 でもそれは固定化されたものではないのではないのではないかと思います。 私は帝王切開を2回しています。術後のお腹にダメージがある状態でどうやってベッドから起き上がるか、試行錯誤してみたら傷がふさがってなくても意外といけるという事が分かりました。起こる痛みを耐えられる範囲に収めるように体の動きや姿勢の方を工夫してゆけばよい。回復してきたらそれに合わせて姿勢や動きをよりトータルの負担の少ない姿勢に(腹部を庇うと前かがみになるので、背中や肩に負担がくる)移行してゆく。 あたりまえだけれど、こういう時に「背筋を伸ばして…」とかいう、外的な基準に合わせることはできないし、やればデメリットがあるでしょう。 固定化した正しさではなく「状況に合わせられる」ということが大切で、それには「固定化した身構えを解く」「ゆだねる動きを引き出す」ということが有効です。 身体を動ける状態にしたうえで、身体自身が選ぶバランスを眺めてみる。 自分の身体をコントロールすることから一歩引いて、身体の選択を認めてやる。 この態度の中には「自信」の根っこになるようなものも含まれているかもしれません。 yieldのセッションをどうぞ試してみてください。

雪どけ

イメージ
生きていると色々とややこしい物事を抱えてしまう事があります。 けれど、それを解いてゆくための場としての身体がある。 そんな身体が開いたとき、ほどけてゆくものたちが流れをつくって私を運んでいっているように感じています。 春になって雪が溶け、小さなせせらぎがうまれるように。 きらきらと輝くその流れは、いずれ海に向かうのかもしれないなあ。