投稿

セッションについて

イメージ
  セッションについて 外から決められた「正しい形」にあてはめなくても、身体には自らバランスを探して適応していく力があります。 セッションでは間合いと軽いタッチにより心身を深いリラックスに導き、身体の内側からの変化を促します。 ☆場所:神奈川県川崎市 溝の口、登戸、向ヶ丘遊園よりバス(ご予約時にお知らせ致します)。駐車場はありません。近隣の駐車場をご利用ください。 ☆営業日:対面セッション 火曜日〜土曜日(祝日除く)10時~17時 ※オンライン・遠隔セッションについては21時頃まで可能です。 ※対面・オンライン・遠隔ともに上記以外の曜日についても調整可能な場合がございます。ご相談ください。 ☆料金(2021.9.16より) ・対面セッション 10000円/1回(60分程度)  ・遠隔セッション 5000円/1回(20分~30分程度。お身体の反応に応じて前後します) ・Yielding embodiment3シリーズ/3回(60分程度/1回) 29000円 ※Yielding embodimentは3回で全体(背面、側面、腹面)にyieldの動きを引き出しますが、1回でお受けいただいても効果は出ます。また逆に3回以上お受けいただいてyieldを深めていただくこともできます。 ※価格については随時見直しをさせていただきます。 ※お時間はあくまで目安です。 お問い合わせ・ご予約はこちらまで kai.mabuchi@yielding-embodiment.com

体験記12

イメージ
田畑さんの空間身体学のWSを通じてご興味を持ってくださった方より、セッションのご感想をいただきました。 最初に経絡のチェックを少しだけ入れさせていただいてからのyieldです。右足、顔、顎などを中心に大きく自己調整をされていたようです。 子供の頃の交通事故に遭われて脚の長さが左右で異なるとのことでしたが、前後写真ではセッション後は踵の支えがしっかりしたために真上に身体が乗るようになったのが確認できます。 タッチはごく軽く触れるだけで、それ以外は心地よい間合いのなかで待つことでyieldを促しただけですが、お身体は持っているポテンシャルの中で自らよいバランスを探していきました。 脚の支えは次回以降のセッションにも繋がっていくため、今後の変化も楽しみです。 『今日のセッションの感想としましては、最初に左足付近に立たれたときに風を感じた時点で今日はよい機会になると感じました。はじめに左半身かり触れるか否かの繊細なタッチにもかかわらず、体が緩むのを感じ右半身との違いがでたのには驚きました。さらに全身がゆるんでいく心地よさに気分も飛んでましたが、踵や足首、足裏、腰の裏に触れてもらうと下半身がしっかりしてよい感じに。最後に立ち上がったときに床に委ねるとはこういう感覚なのかと大変驚きました。 施術も良かったのですが、馬渕さんの穏やかでリラックスした雰囲気が素敵で癒されました。適度に芯の強さも感じられ、そのようなパーソナリティーはイールドが育まれたのでしょうか やはり、ワンオンワンでの良さはWSとは異なります。』

モニターセッションご感想

イメージ
構造変化の研究のために募集しているモニターセッションのご感想をいただきました。 3シリーズでのお申込み1回目、背面のyieldを促すセッション、トレーナーの方です。 脚部から始まり全体にyieldが引き出された後、全体が協調してまとまった「コヒーレント」と呼ばれる状態に入られて自己調整が起きていたようです。 3シリーズでのお申込みのため、今後の変化も楽しみです。 『馬渕さん、先日はありがとうございました。 初めてyeildを受けましたが、とても面白かったです。 良い意味で「先生」という感じの威圧感がなく、人見知りの自分が緊張せずに施術を受けられました。 立つ位置によって身体が感じる事が違ったり、身体に出る変化(左足は開く感覚で、右足は下に沈む感覚)が異なっていた事が新鮮でした。 施術の中盤は身体が深くベッドに沈む感覚と供に眠気が来ましたが、終盤にかけて段々意識が鮮明化していき、最終的にはとてもスッキリしました。 立った感覚を施術前と比べると、より地に足がついてるのに身体にスペースが出来て、シャッキっとした感覚があってそれも良かったです。 また来週も宜しくお願い致します 』

棲み分ける

イメージ
コロナ禍の下で顕在化してきているように感じる事として「社会の共通認識がバラバラになりつつあるのかな」という事があります。 昔はマスコミだったりアカデミックなものだったりが及ぼす影響がとても大きくて、なかなかそこから外れた価値観というのは持ちずらいし理解もされずらいところがあったような気がします。 でも今はインターネットを見ていると本当に人それぞれ多様なものの捉え方をしていて、「異なる世界観の人とどうやってうまく共存していくのか」というのは大きなテーマになっていきそうだなあと感じます。 先日yieldの創始者の田畑浩良さんが 『安全な拠り所となる足場にyieldするという動きを体現すると、他者を含めた空間との親和性が回復します。 すると楽に共存する感覚が蘇ってきます。 適者生存ではなく、ちょうどいい間合いから生み出される「棲み分ける感覚」は日本人の誇れる、そして得意とするセンスだと思っています』 ということをtweetされていました。 世界観の違う者同士がうまく共存していく方法として「理解し合う」ということだけではなく「棲み分ける」という感覚を使っていくことも大事になってくるのかもしれないなあとふと思いました。 「人と人とのコミュニケーションの中でわかり合って共存する」というだけではなく、その間にある「ここちよい間合いを維持していくことが結果的に棲み分けによる共存関係に繋がっていく」という方法も試してみると面白いかもしれません。

敏感さと安心感

イメージ
身体を観察していると、恐れや怒りから敏感になることもあれば、安心して心地よくあることで敏感になることもあるのだという事に気がつきます。 心地よくあるとき、敏感さは「感覚を繊細に味わう」という形であらわれるけれど、恐れや怒りからくる敏感さは感覚の中に入り込めない感じ。身体の反応だけがわっ!ときて、圧倒されてしまう感じ。 感覚をうまく活用するために必要なのは、「安心」なのかもしれません。

yieldの特徴

イメージ
  割と広く受け入れられている考えとして「身体は何か介入・操作をしてやることで変化する」というような事があるように思います。 でもyieldセッションをしていると、「安全・安心を感じられる場、身を固めなくても良い場を提供してやれば身体は勝手にその時持っているポテンシャルの中で最良のバランスを探し始める」という事が観察されます。 yieldはゆだねる動き。安全の認識や安心という感覚とリンクしています。安全・安心を感じることでゆだねる動きが出てきて、ゆだねる動きが出てくることで安全・安心な感覚が高まっていきます。 そうやってゆっくりと深まった安全・安心な場の中で、受け手の方の身体が自ら整ってゆく姿はとても美しいものです。 私自身がそうなのですが、他者の意志に敏感なタイプの人は「良くしよう」という術者の意志自体がストレスになることもあり、そのような方にはyieldはよく合うのではないかと思っています。 また、今の日本のような社会的ストレスや不安が高まった状況で、知らず知らずに高まっている緊張を解くことにも適していると思います。 「介入を最小限にする」ことで、受け手の方がご自身の身体に対して信頼を持っていただきやすいのもyieldの良いところです。 対面、オンライン、どちらも可能です。 どうぞお試しください。

方向付け

イメージ
セッションを受けて身体が緩むと、しばらく眠たい日が続く、というようなことがあります。 色々と都合があって眠たい身体に従うのが難しいこともありますが、できるだけその身体の欲求に従ってやったほうが流れができやすいのではないかと思います。 スイッチをオンオフするような感覚で休息と覚醒を考えるのではなく、自分の身体が今どんな流れの中にいるのかを感じてみると整いやすいのではないでしょうか。身体は生き物です。 休息と覚醒のことに限らず、身体の「方向付け」ということも考えてみるといいように思います。

つながり

イメージ
水が美味しいなあとか、犬が可愛いなあとか、お天気が良くて気持ちがいいなあとか、そういうことって何でもないようなことだけれど、でもそれを感じられなくなってしまう時もあります。 世界との間に膜が張っているようで、新鮮さ、リアリティのようなものにうまく触れられない。なんとなく視野が色彩を欠いて、立体感が感じられない。言葉が空回りしているような感じがしたり。 自分の周りの環境を整えていくことももちろん大切だけれど、それと同時に環境の中にある自分に力を与えてくれるようなものたちを感じられること、それとつながりを持てるということもとても大切なことかもしれません。 生きてゆくためのエネルギーって案外そういうところからくるのかもしれず、そことつながれる力は「健全さ」の根っこにあるものなのかもしれないなと思いました。