身を固める




自分の身体感覚をまるっと無視するところから15年くらいかけて感覚を育ててきたのですが、過去の自分と比べたら段違いに成長しているのは理解しているのに、何故か自分は感覚が鈍いのじゃないかという自信のなさがずっとありました。

最近「もしかして自分はまだ身体を固めて止めているのかも?それが感覚が行き届かない一因になっているのかも?」と感じたことがあって、試しに施術を受けるときに身を固めるというのをやめてみました。そうしたら、身体の感覚が一気に拾えるようになって、感覚で見える風景の画素数が上がった感じがしています。

感覚を感じているのに「気のせいなんじゃないか」と信じられなくて、それが自信のなさにも繋がっていたのですが、今思えば私にとって自分を疑うという姿勢は身を固めるということでもあったのだなと思ったできごとでした。

日常の中では難しくても安全が確保されているセッションの中であればトライできる、という事もあるんだなあと思います。私にとってはセッションはパントマイムや古武術の稽古と変わらず身体と繋がり直して変化していくための場でもあるので、自分が提供するセッションもそのように活用して頂けたらいいなという気持ちがあります。

まだまだ伸びしろはあると思うので、この感じを更に育てていきたいな。

コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす