自分を知る



「自分はこういう人間です」という定義をすることは「自分って何者なのか」って事にも繋がって興味を感じたりするものだけれど、リアルタイムな自分からは常にずれていくし、必ず定義にはまりきれない自分が出てくるように思います。

じゃあ自分ってどんな人間なのか。

ひとつひとつ経験してみて、自分がどう感じるかを知っていくことが「自分を知ること」になるのではないかと思っています。

そうやって探していたら(身体感覚が面白かっただけで、これはどちらかというとおまけですが)「自分」って固定的なものじゃなくて都度立ち現れるものなんだなあと感じるようになりました。

固定的じゃないのなら「本当の自分」というものもなくて、ただ好ましい自分、自然体な自分が現れるような環境だったり人だったりに身を置いてやればいいと思うようになりました。それはぬるま湯的環境に身を置くという事でもなくて、ただ不向きな事、不自然なことをしないというだけのことなのだけれど、とても生きやすいです。

そしてそれは、1番良い状態の自分自身をご縁のある方達にシェアしていく試みでもあります。

みんなが我慢や努力をして同じ環境に合わせていくのではなくて、自分に合った環境や合った人たちと楽しくて良い状態でいる事の方が世界全体を考えた時にもプラスなんじゃないかなあ。

「自分に合っているかどうか」は、その人が感じること。他人は代わりに感じることはできません。

自分を感じること。大事にしてくれる人が増えたらいいなと思います。


コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす