冬の間合い

 


先日、施術の先輩にお蕎麦屋さんに連れて行って頂きました。

灯油ストーブの匂いと暖かい空気。

田舎蕎麦のつゆからほのかに柚子の香り。

先輩の素朴で暖かいお人柄もあり、なんだか年の瀬みたいな気持ちになりました。 

冬は身体も気持ちも空間も少しコンパクトな感じになるけれど、その分なんだか人との距離が近くなる感じがします。

冬の楽しみ、かな。

ちなみに写真はここでお蕎麦食べたのでのせてみたけど、先輩に連れて行って頂いたお蕎麦屋さんではありません。

コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす