ジャズセッション

 


ジャズピアニストの友人にお誘い頂いて、伊勢佐木町のジャズバーにセッションを聴きにいきました。

全然違う楽器がそれぞれの個性的な音を奏でながらひとつの音楽を作り上げていくのが面白い。

ガッと掴みにいったり、ゆるく抜いてみたり、留まって踊り、開放して流れてゆく。たまにリズムを乱して新しい流れをみんなで探しているような時もあったりして。

yieldのセッションも、こんなふうに身体と身体で響きあう事を楽しむものにしたい。

良い時間を過ごさせていただいて感謝です。

ちなみに写真は前に行ったオシャレカフェのコーヒーで、ジャズバーとは全然関係ないです(食べ物目の前にすると大概写真撮り忘れるので写真がない)。

コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす