経験をさせる

 


「自分を変えたい」と思ったとき「あんな風に変わろう」「そのためにああして、こうして」と取り組む変え方もいいけれど、「自分に変化しそうな体験をさせてやる」というのも面白いです。

私は稽古だったりセッションだったり人に会うことでそれをしていますが、きっと自分が主体的に関われる事であればなんでも良いのだろうなあと思います。

「自分に体験をさせてやる」事の良さは、変化の方向性も大きさも自分自身でも予測がつかないという面白さ。宝探しみたいです。

今の自分を否定する成長ではなくて、変化を楽しむことが結果成長につながるような構えがあると色々な事が楽になるような気がしています。

コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす