zoomを使ったオンラインセッション



zoomを用いた遠隔セッションのご感想を頂きました。

音声のみや、電話を切って行うこともできますが、リアクションが見えたりフィードバックでの調整がしやすいという意味では最初はzoomの方がやりとりがしやすいかもしれません。

オンラインであっても立ち位置を変えると体感が変化するという事を感じていただくことができました。

微細な身体感覚に意識を向けてみると、自分の身体が発する違和感や「こうしたい」という小さな声にチューニングが合わせられるようになっていきます。それを尊重できるようになれば、自然に整う方向に向かうようになっていくと思います。

樹々が光に向かって枝を伸ばしてゆくように。

『体の(特に上半身の)緊張が強く、色々な施術を受けても直に元通りになってしまう事が悩みで、もっと自分の体の感覚に耳を傾けられる様になりたい、と思っていた所こちらを知り、申し込みました。


遠隔で受けたので、馬渕さんがどのタイミングでどの様に間合いを取っていたか、頭では全く把握していなかったのですが、身体感覚ではキャッチしていた様でした。緊張する場所が移動したり、どうしても体を移動させたくなったり、お腹が動き出したり、フッとよりリラックスする瞬間などがあったと思います。

その日の晩は滅多に痛くならない場所が軽く痛んで、翌日には引いていく感じでした。


後日、普段自分はほとんど頭で考えて体をコントロールしているんだな、という事が腑に落ちた感じがしました。今はもっと身体感覚に委ねる事が出来れば楽になるのかなという気持ちでいます。


馬渕さんの柔らかな明るい雰囲気にほんわりと包まれるセッションで、リラックスして受ける事が出来ました。

素敵な時間をありがとうございました。』

コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす