安心のトーン



音の聞こえ方って、面白いなあと思います。

例えば遠くを飛ぶヘリコプターの音を煩いなあと感じることもあれば、お天気の良い日の昼間に洗濯物を干しながらそれを聞いていて「平和だなあ」と感じることもある。

どんなトーンを帯びて聞こえるのかは、外側に原因があるだけではなく、自分の心身の緊張具合でも大きく変わってきます。

現代社会ではいろいろな事が予測可能になって便利になった反面、様々なアラームや危険予測情報が満ち溢れています。

無意識にでもそれを浴び続けていることで身体は緊張あるいはそこを通り過ぎて危険を無視するようなコンディションになっているかもしれません。

Yieldは身体的な安心・安全な感覚を通じて身体の緊張のトーンを適切なものに整えていく技法です。安心・安全な感覚の中では身体は回復方向にエネルギーを割り振るので、スッキリしたりその後も休息が取りやすくなります。

何となく「窮屈だな」という感覚がある方は1度yieldのセッションを試してみて頂けると嬉しいです。

外側にあるものにちょうどいい反応をするためにも、自分の心身の緊張感のトーンをニュートラルなところに近づけておくのは役に立つことでしょう。












コメント

このブログの人気の投稿

セッションについて

身体との関係性を結びなおす

自己紹介①