謹賀新年2023


夜明け前の1番寒い時を耐えて待つ。 

やがて刻々と空が明るくなっていって、太陽の気配が近づいてくる。

力強くて眩しい光が顔を出す。 凄いなあ!誰もが星の上にいる!

個人は時代という大きな流れのなかにいるけれど、同時に個人が時代という流れを作っていくんだなあと思います。 全体を感じながら、出会ってくださる方がそれぞれの生を豊かなものにしていくお手伝いができたらと思います。同じ時代を生きる者として。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメント

このブログの人気の投稿

セッションについて

自己紹介①

身体との関係性を結びなおす