ゆらぎ

 


ちょうどいいところにいられる時って大体自分でもそれと気が付かずにそこにいて、何かやろうと思うとそこからずれる、みたいなところがあるなあと思います。

でも、やっぱり「あれやりたい」「これやりたい」と思ってしまうし、ちょうどいいところにいるために自分を固定するということを始めてしまうと「固定する行為」によってずれていくみたいな感じもします。

走ったり、休んだり。「ちょうどいい」に居続ける事にこだわらずに、ゆらぎながらやってみてもいいのかもしれないな、という気がしています。




コメント

このブログの人気の投稿

余裕をもつ

自分を生きる