感性を育てる


ずっと自分の一番の興味は身体感覚にあったので、感覚を開いていくということについてある程度方針を立てて自分の感性を育ててきました。

その方針のひとつは、自分の感性に耐えうるだけの身体を育てること。

耐えかねて感覚を閉ざしていた時期が長かったし、基本的に臆病な性格なので、自分は開いたとしてもその感覚に耐えられなければまたすぐに閉ざしてしまうか、あるいはそもそも感じることにリスクがあるならば開くことができないだろうと思っていました。

15年近く前、まだパントマイムを始めたばかりのころにそう思ったので、感覚を楽しみながら自分の身体の機能をある程度高めて強くしておくこと、それから多くの感覚を拾ってもパニックにならないようにキャパを広げるようなことをしてみる(武術をやってみたりコンタクトインプロや舞踏のWSに参加してみたり、苦手な場面でも感覚を使えるように少しづつトライしてみること)ようなことをコツコツやって、少しづつ感じられる範囲を増やしてきました。

最近はyieldで安全安心な感覚をそだてることも感覚を開いていくことに役に立っていると感じます。

何かの技術を育てることとは別に、自分の感性そのものを育てること、その感性の上手な使い方を模索してみることも、人が自分の個性を活かして豊かな人生を歩んでいくためのヒントになるのではないでしょうか。



コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす