固定観念をはずす



先日また八光流柔術の広沢成山先生に個人稽古をつけていただきに行きました。

手首足首の脱力を教えていただいて、力の伝達という事について目からうろこでとても面白かったのですが、いざ帰宅して手首の脱力の稽古をし始めてみたら早速混乱してきています。

私は「手首の力を抜いて手の平を動かす」ということをやってみたとき、「手首を支点にして手のひらを動かす」ということをしてしまいがちなのですが、「手首の脱力」ということを考えたらこの動きにはなるはずがない。

広沢先生に教えていただいた動きは「手のひらを動かす」という動きなのですが、多分自分の中にまだまだ「(意識して力を伝えるようなとき)動きというのは関節を支点にして起こるもの」という固定観念があるのだろうな。

動きのトレーニングは自分の固定観念を外してゆくことでもあるのがとても面白いです。






コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす