イメージを食べる

 


食べる遊びでふと思い出したのですが、抗がん剤をしていた時味覚障害が出ました。

きゅうりを齧ってみたら甘いアルミホイル食べてるみたい。

ハンバーグ食べたら、タワシを口に入れたみたいなわしゃわしゃした感覚。

食べ物を口に入れるたびに「なんじゃこりゃー⁈」となり、納得いかずに何度も口に運んでいたら体重が増えました。

食べる時って口に入れる前から味の予想をしていて、どこかその予想の感覚を食べてるみたいなところがあるんだろうなあと思います。

あの頃は食事のたびにイメージではなく、目の前にあるものの味を感じようとしていて「何かの修行みたいだなあ」と思っていたっけ。



コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす