腹側迷走神経



いつもyieldのWS行くと、午前中の質問タイムとデモの間お腹が鳴るので「お腹減ってるのかな〜」と思っていました。

が、WS前に腸が動かない時期があった事で先日やっと気が付いたんだけど、お腹減ってるというより腸が活性化してめちゃくちゃ動いてるみたい。

ぐぉー!ギュルル…!ゴゴゴ…!

すごい音をずっとさせているので、ちょっと恥ずかしいなあと思ってましたが、腸が元気に蠢いてると思えば「おっ!元気だね。好きなだけどうぞ!」という気持ちになってきます。

あまり質問タイムにリラックスというイメージがなかったけれど、ポリヴェーガル理論ではリラックスを司る副交感神経は腹側迷走神経と背側迷走神経の2つに分かれていて、腹側迷走神経は社会性に関わるので質問タイムに活性化してもおかしくはない。

自分の中に腹側迷走神経が活性化できない時期が長くあったので、セッションモードのときはともかく、日常モードでは人との交流で副交感神経が立ち上がるという意識がなかったみたいです。

自分の身体を通じて内側から変化を観察できるのはとても面白いし、自分自身のyieldが深まってきたんだなあという感じがします。

迷走神経の仕組みについて見つけた記事。改めて勉強になりました。



コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす