統合

ボディーワークとかセラピーの世界で良く「統合」という言葉を耳にするのですが、独特のニュアンスがあるようでいまいち腑に落ちきらないなあとずっと考えていましたが最近少しだけわかったような気がしています。

色んなことを経験して歩いた道のりをふっと振り返ってみたら、「そうか、そういうことだったんだ」って思う、あれが統合なのかな。

きっとそんな風にずっと過去の人生までが一気にざっと見渡せる感じがするのは、その歩みが螺旋階段を上るような軌跡を描いていたからなのだろうと思います。

そうやって自分の生の全体像が見えるような気がするとき、人生とか存在の意味をふわりと感じたりする。

そういう瞬間は私の生を確かなものにしてきたように思います。

統合、大事だなあ。

コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす