体験記10


yieldセッションのご感想を頂きました。

yieldではタッチを全くしないわけではありませんが、間合いを使っての場のコンディショニングに重きを置いています。

==

初めてyieldingという施術を受けました。

手技療法のひとつだと思って伺ったので、最初は?の連続でした。

クライアントに触れずに空間を見る。


受けている感覚は、頭が考えるのをやめた感じと言えばわかりやすいでしょうか。

何とも言い表せないフワッとした感覚とまわりの空気が少しずつ変わっていく感じ。

感覚を言葉で置き換えるのは難しいと改めて思いました。


セッションのあとに空間と細胞の話を聞かせていただき、まわりの空気が変わっていくのはそういうことなんだとアタマで理解できました。ありがとうございました。

コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす