危険探知



昨晩は携帯から津波注意報のアラームがあまりに頻繁に鳴るので、内陸高台に住む私は携帯の電源を切って寝ました。

朝起きて電源入れたらまたすぐにアラームが鳴ってびっくりしたのですが、神経が警戒モードに入ると「何が危険なのか」と対象を探し始めるのだなあと気がついて興味深かったです。

しかも、津波に限らず危険そうなもの全般に探している感じ。

不必要な警戒モードが切れないと、危険探知が暴走してどんどん不安になっていってしまうのだろうなあと感じました。

実際にリスクのある沿岸部への被害が小さく済むといいなあと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

セッションについて

自己紹介①

身体との関係性を結びなおす