ZOOMを使ったオンラインセッションご感想 2

 


オンラインセッションのご感想をいただきました。

オンラインでのセッションはタッチが使えないというデメリットがありますが、身体的な共鳴や間合いを使って全体のyieldを促すことができます。

何回かのセッションで身体の応答性が高まってきたら(元々応答性の高い方もいらっしゃいますし、施術者との相性にもよります)姿勢を変えることで個別の個所に対してyieldを促すようなセッションも可能です。

オンラインでのセッションについては夜間も対応することができます。ご希望の方は日時をご相談ください。

以下K様よりのご感想です。

予備知識がほとんど無いままyieldを受けました。


馬渕さんの声の誘導に沿って、体と心を微調整していき、途中からある時は足に、ある時は頭に、そして腕にと、自然と意識が向いて(特にその体の部分に意識を向けるよう言われた訳では無い)いきました。


ああ、これは自分の体なんだな〜としみじみ感じるというか、普段無い思いが出てきました。


そして後半になり、体全体〜おもに胴体の部分が床に沈んでいくような感覚が起こりました。沈むというより、床に吸い付く感覚と言ったほうが近いかもしれません。


後から思うと、これがいつも以上の脱力・リラックス状態だったのかなと。不思議な感覚でした。

ありがとうございました。』

コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす