地続き

 


寒暖の差の激しさからか、世情の不安定さからか、少し気分が冴えないなあという感じがしています。

元々周囲の環境に波長が合いやすい性質、というのもあるのかもしれません。

でもそれは悪いことばかりでもなくて、だからこそ自分も周囲も両方心地よい環境にしていきたいなと思う事ができる。

怒りや悲しみを抱えた人に囲まれれば自分もそっちに引っ張られて快適ではなくなるので、焼き畑農業的に利益を上げたいとは思わない。

最近、地球環境であれ、社会環境であれ、「私の心身」という環境と地続きに存在しているという感覚は今の時代に必要とされるものではないのだろうか、という事を思ったりします。

それと同時に、明るく穏やかな方へ周りを引っ張ってゆけるような自分の軸を育てることも大切だなあと感じます。

今はどんなことが心に入ってきやすいのか。

どんな人からだと学びやすいのか。

冴えない時間も自己調整を試みて良い時間にしたいものです。






コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす