つながり



水が美味しいなあとか、犬が可愛いなあとか、お天気が良くて気持ちがいいなあとか、そういうことって何でもないようなことだけれど、でもそれを感じられなくなってしまう時もあります。

世界との間に膜が張っているようで、新鮮さ、リアリティのようなものにうまく触れられない。なんとなく視野が色彩を欠いて、立体感が感じられない。言葉が空回りしているような感じがしたり。

自分の周りの環境を整えていくことももちろん大切だけれど、それと同時に環境の中にある自分に力を与えてくれるようなものたちを感じられること、それとつながりを持てるということもとても大切なことかもしれません。

生きてゆくためのエネルギーって案外そういうところからくるのかもしれず、そことつながれる力は「健全さ」の根っこにあるものなのかもしれないなと思いました。



コメント

このブログの人気の投稿

セッションについて

身体との関係性を結びなおす

自己紹介①