方向付け



セッションを受けて身体が緩むと、しばらく眠たい日が続く、というようなことがあります。

色々と都合があって眠たい身体に従うのが難しいこともありますが、できるだけその身体の欲求に従ってやったほうが流れができやすいのではないかと思います。

スイッチをオンオフするような感覚で休息と覚醒を考えるのではなく、自分の身体が今どんな流れの中にいるのかを感じてみると整いやすいのではないでしょうか。身体は生き物です。

休息と覚醒のことに限らず、身体の「方向付け」ということも考えてみるといいように思います。


コメント

このブログの人気の投稿

セッションについて

身体との関係性を結びなおす

自己紹介①