遠隔セッションご感想④



1歳のお子さんの育児中という事で、通話してでつながりを作ってから電話を切って行う遠隔セッションをさせて頂きました。

やり方によってできる範囲は異なりますが、身を委ねて深い休息ができる身体を引き出す事は共通しています。タッチが使える対面、姿勢や動きの指定ができるzoom、そのまま休息を取る事ができる遠隔。

状況に応じて使い分けていただけると良いと思います。

以下ご感想

『施術について。遠隔とのことで、電話を繋げたまま仰向けになってしばらく何かを感じようとしたけれど、変わったことはなく…、ただなんとなく、お腹の中身が背中からお腹方面に向かって吹き上げるような、ぐるぐると回転しているようなイメージが浮かんできました。

でも、いいや感受性が高い振りはやめよう、無で受けようと思ったら、その後すぐ寝てしまったようです。気がついた時は、施術を終わります、とラインをいただいてから20分ほどたっていました。

起き上がると癖になっている、いかり肩が自然と力が抜けて下に降りているのがわかりました。

その日は気持ちが少し落ち着いた感じで眠りにつけました。

翌朝は子どもに起こされて4時起床でしたが… (笑)でも気持ちに余裕をもって受け止められました。

馬渕さんの施術を受けたいと思ったのが、こういう子供が生まれてから続いている寝不足、疲労、恥ずかしながらそこからくるイライラ、そんな自分への嫌悪…負のループをなんとかしたい、身体と精神の調子を整えたいと感じたのがきっかけです。

そして施術を受けて、気持ちがリセットできたのが一番大きかったです。馬渕さんの穏やかな人柄も寄与してくれているような気がします。

今回は3回セットの1回目なので、この次は何か変化を感じられるか、楽しめたらなと思っています。

どうもありがとうございました。』

コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす