yieldでめざしているところ

 yieldで起こることを説明するのは少し難しいですが、自分の経験をお話してみようと思います。

私は田畑さんからロルフィング10シリーズを受ける中でyieldと出会いました(田畑さんのセッションにはすべて導入としてyieldが含まれています)。10シリーズ終了後半年ほどして乳がんがみつかり、化学療法中のサポート(治療的な意味合いではありません、念のため。化学療法で心身ともに弱る期間を少しでも前向きに乗り切れるようサポートをお願いしました)としてyieldを含むセッションを3週間に1度程度のペースで半年程受けました。

自分が受けてみて感じている効果は、慢性的な緊張が抜けること、疲労が回復しやすくなること、疲れにくくなること、またそれに伴って精神的に安定感が出てくることです。

田畑さんのセッションを受ける前の私は恐らく常に緊張状態にあって、そのために疲れやすく、また寝ても疲れが抜けきらない状態だったのではないかと思っています。yieldを受けたことで身体から安心するという経験をし、また、セッションの回数を重ねたことでその安心感が深まっていったと感じています。

普段私たちは、何か外的な要因があって安心したり不安になったりしていると感じていますが、私が田畑さんからyieldを受けてみて感じるのは、身体が安心してしまうと外的な要因がどうであれ不安に感じることが減る、ということです。

安心していられるようになってから、私はそれまでよりも、遊んだり、チャレンジをしてみたり、人と繋がったりすることを心から楽しめるようになりました。

yieldで起きることは人によって、あるいはときによって様々ですが、深いリラックスという部分は共通しているようです。受けてくださった方が、生きることを楽しんでゆけるような身体になるお手伝いができたら、と考えています。






コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす