体験記⑦

初対面の方にセッションをさせて頂きました。最初は緊張しましたが、それを外して自分の身体を安心安全モードに持っていく方法を見つけられた辺りから、受け手の方が深い休息に入っていかれました。

 『まず私は、yieidのことをよく理解していないまま、セッションを受けています。気持ちよくて、全ては言葉として覚えていないので、記憶のあることだけです。

初めに鼻詰まり解消の秘技を教えていただいたときには、海さんの緊張感が伝わってきました。

寝台に仰向けになったときに、右足横に倒れているのが気になりました。実は昨日、珍しくずっと座ったままパソコン仕事をしていたので、夜、右の腰に違和感がありました。 それでかな⁇と思いました。

初めに記憶があるのは、左の頭を吸引機で軽く吸われるような感じがしたこと。イヤな感じではなく、わぁ何かアクセスされている!という感じでした。

右側の開いた感じと、左側の閉じた感じが異なっていたのが、左腰が一瞬痛くなった後、だんだんと左側が解かれてきたのを感じました。

そして、肩甲骨の辺りにクシャクシャにたたまれていた翼をバサッと広げて上下に動かしたい衝動が起きました。(翼なんてないのにwww)

でも、翼が大きすぎてここでは広げられないなと思いました。

その後は、気持ちよさを感じながら、時々寝ては、ハッと気づいたりを何度かしていたと思います。


気付いたら鼻もしっかり通っていました。


人の身体の近くの場にアクセスしたり、少し触れるだけで、変わるって、人間の身体は凄いのですね。


ありがとうございました。』

コメント

このブログの人気の投稿

自己紹介①

セッションについて

身体との関係性を結びなおす